天然砕石のみの地盤改良エコジオ工法

エコジオ工法とは

最近、環境や土地の資産価値をなどの規制の変化により、住宅などの小規模な地盤改良工事において、砕石を用いる地盤改良工法が急速に増加しています。
しかし、従来の技術では、掘削に伴う孔壁の確実な崩壊防止が困難でした。
エコジオ工法は、独自開発のEGケーシングにより孔壁の崩壊を防ぐとともに、簡単な操作で常に安定した品質を確保できる、画期的な地盤改良技術です。

砕石は長期的に強い

従来の地盤改良工法では、様々な人工物が地中に埋め込まれますが、これら人工物は、年月が経つにつれて劣化する可能性があります。

エコジオは、「砕石」だけを使う地盤改良工法。人工物とは違い、もともと自然界に存在している「石」から作られる「砕石」は、長期的にその強さを保ち続けます。
歴史的な建物の地盤改良工事では石が使われていました。
外国においても、何百年も前の建物が残っているのは「石づくり」だから。エコジオは、将来の安心まで見据えた工法なのです。

地盤の環境、土地の資産価値を守ります

近年、環境意識の高まりとともに、地盤においても、環境やそれに伴う土地の価値への影響が指摘されています。
平成12年には、セメント系固化材を地盤改良に使用する場合、「六価クロム(発ガン性物質)」が安全基準を超えて溶け出す可能性が、国土交通省から指摘されました。
平成15年には、「不動産鑑定評価基準」が見直され、土壌汚染や地中埋設物(地中の人工物)が、土地の評価に影響する要因に追加されました。
こうした背景から、自然石の砕石を使った地盤改良が注目されるように。砕石だけを使用するエコジオが、大切な資産をしっかりと守ります。

借地では、撤去費用などのリスクを軽減

借地の返還時には、地中埋設物の撤去が求められる可能性があります。エコジオ工法は、砕石(自然石)以外の材料を使わないため、土地所有者様とのトラブル、撤去費用の負担などのリスクを軽減します。

液状化抑制効果も期待できます

地震時に発生する地盤の液状化。
以前から規模の大きい土木工事(堤防など)や建築工事(大きなビルなど)では、地中に柱状に砕石を詰め込み、水を通りやすくする「グラベルドレーン工法」と呼ばれる方法で液状化対策が行われてきました。
エコジオは、グラベルドレーン工法と同様の効果が期待できます。

エコジオ施主様インタビュー

エコジオ施主様インタビューQ1.新築住宅を建てる前に地盤とか地盤改良に対しての悩みごとや問題点はございましたか?
A1.ここの土地は元々田んぼだったんですよ。10年以上も前から岩沼市に住んでいたので分かっていたのですが、(ここの土地が)造成して4.0m位盛土をして転圧をかけたりしていたのも知っていました。
僕は、地盤改良工法は表層改良と柱状改良と鋼管杭は知ってはいました。ただ、実際にどれがいいのか正直分かりませんでした。(改良があった場合は)先入観で支持層まで届くという鋼管杭かなぁと思っていました。地盤調査を行った結果、改良が必要で柱状改良という様に出て来ました。

Q2.報告書が柱状改良と出ていたという事なのですね。
A2.はい。僕もメーカーさんを色々回って聞いたのですが、オーソドックスなのは柱状改良。セメントを流し込むというものです。ただ、これも支持層まで届かなければ意味が無いし「実際にどれがいいのかなぁ」という思いはありました。

Q3.悩みとしては、地盤改良がある土地だとある程度の覚悟はしていて、(地盤改良)工法が3つ4つ出て来たけど、どれが1番いいのか判断に悩んだという事なのでしょうか?
A3.結局、ジャパンホームシールドさんからは、この場所は柱状改良が妥当。となった。

Q4.柱状改良と言われた時の菅原様のお気持ちは?
A4.まずは、コストがかかるだろうなと思いましたし、仮に柱状改良をしないで建ててもベタ基礎工法であれば不同沈下しないでしょうし、(コストの下がる)他の別な工法が無いのかと思っていた時にSNSを通じてエコジオ工法に出会いました。それをきっかけにエコジオ工法のホームページを見ました。

Q5.エコジオ工法は最初の段階で、保証会社さんからの選定の中にはラインナップとして入っていませんでしたよね?
A5.入ってませんでしたね。柱状改良のみでした。

Q6.その中で何故エコジオ工法を選んだのか教えて下さい。
A6.一番はコストです。(柱状改良と比べて)10万円~15万円違いました。それと、現場が汚れないということも分かったし、柱状改良だと水は使うし全体的に大掛かりな工事となるのと、知らなかったのですが土とセメントが混ざると有害物質が発生する恐れがあると知ったので・・・

Q7.六価クロムですね。
A7.はい。そうです。エコジオ工法ホームページを見て知った訳です。そして、ナスキーで第一号のエコジオ工法との事だったので決めました。コストの面と天然砕石を使っているという点も含めて。

Q8.エコという事ですね。
A8.はい。もちろんそれもありますし、コンクリートの杭だと震度6強・7強の地震が発生した場合に、複雑な地盤だとコンクリート杭が折れるのではないかと考えました。結局、地中にセメントと流すよりは砕石を入れた方が、液状化にはいいと書いてありましたし、元々田んぼだった土地だし幾ら転圧かけていたとしても、何かの拍子に事故が起きるのではないかと不安を持ちました。また、湿気の多い地層があるので、水はけも良くなるならとエコジオ工法でやってみました。

Q9.1つ目は、経済的な設計が出来てコストも頑張れるということですね。2つ目は、(材料が)天然であるということで、セメントよりも天然だから地盤を汚さないということ。
A9.確かに、工事期間中に現場が汚れないというのが、各方面からの評価が高かった点です。それが、3つ目の理由ですね。

Q10.地盤改良ラインナップに入っていなかったエコジオ工法を使う不安はありませんでしたか?
A10.全くありませんでした。三重大学さんと共同開発したというのもホームページで見ましたし、公共工事でも実績があるし、地盤保証も付けられる。となれば、迷う必要はないと思いました。

Q11.三重大学と弊社 尾鍋組が開発したエコジオ工法について、三重大学の存在は施主様からしたら大きいのでしょうか?
A11.ある会社さんが独自でこういう工法でやりますと言っても裏付けがないですよね。(エコジオ工法は)根拠があるので説得力があるなと。

Q12.まだまだ、工法も見たことも無いし、やってもいないけれども、判断材料としてホームページを見て大学の事とか中に書いてある事とか、国からの認可も受けている工法なので、この工法なら大丈夫だと判断してという事ですね。
A12.はい。

Q13.ナスキーの提案で良かったものがありましたら教えて下さい。
エコジオ施主様インタビューA13.残土が出ない、ケーシングを用いて確かな砕石杭を構築出来るなど、他の比較工法との違いを提案してもらいました。

Q14.実際の施工現場を見学されていかがでしたか?
A14
.やっぱり、現場が汚れない。汚れないし、(施工は)重機2台で済むし2人で施工が出来て経済的。振動も無かったですね。

Q15.最後に、ナスキーや尾鍋組に今後ご希望されることはございませんか?
A15.より多くの方々に認知されるといいと思いますし、それによってエコジオ工法を採用して良かったと自分自身の実感も湧くと思いますので、営業頑張って下さい。
本日はお忙しいところありがとうございました。

菅原様

現場施工時は大変お世話になりました。記念すべき1棟目の施工という事で非情に緊張しましたが、確かな施工と工期をお約束通りに実行出来て良かったです。また、何よりも施主様が自ら現場に足を運んで頂き、エコジオ工法という地盤改良をご覧になられた事が素晴らしかったと思い返しております。
菅原様が納得したメーカー様とエコジオ工法。イメージ通りの家づくりが実現されと思いますので、今後もご家族みなさま末永お幸せであります様に。

ナスキーインタビュー担当